無線レーザーセンサ RF LDS-SPOT

長距離用の無線レーザーセンサを使用すると、色、素材、表面に関係なくあらゆる物体を検出でき、非接触監視が可能になります。これは、大容量容器(LLC)、パレット、またはその他の大型輸送手段に特に役立ちます。また、光学センサが作業エリア外でも確実な検出を可能にし、フォークリフトとの衝突などによる損傷を回避できます。

ハイライト
  • 最大10mまでの監視が確実に
  • フィールドレベルよりも高い場所に取付けられるため、作業者や機械の妨げになりません。
  • 素材や表面に関係なく、物体を検出可能
  • ユニバーサルクランプにより、柔軟な取付け

センサは、無線モジュールRF 96 BUを通じて全体的なシステムに統合されます。Yケーブルにより、最大4つのセンサを無線モジュール1台に接続することが可能です。これにより、たとえば、隣接する部品容器の充填レベルを検出できます。 Yアダプタを利用すると星型の構成や、複数のレーザーセンサを直列に配置したバスシステム構成の両方で取付けできます。

RF LDS-SPOTは通常、フィールドレベルより上で取付けられます。これによりセンサの破損を防ぐと同時に、人間や機械の妨げとなることもありません。検出は光インパルス測定(「光学飛行時間」)によって行われ、センサーブリッジを介して最大10mの距離までパラメータ化できます。

無線センサはユニバーサルクランプを利用するため、天井でも、壁でも、柔軟かつ正確な位置への取付けが可能です。

個別相談は

どうぞご連絡ください!

オラフ メシング
Dr. Olaf Messing

General Manager Japan

+81 48 782-9045
nihon@steute.com
 

×

sWave.NET® Japan

言語を選んで下さい